予防歯科

予防歯科とは?

歯医者には悪くなってから行くと思われてる方もいらっしゃると思います。それでは、どうしても治療が必要であることが多く、症状が出るときは悪いところも進行している可能性があります。できるだけ、お口の中を健康に保つには定期的な検診により早期発見、早期治療はもちろんのこと、早期予防、管理が大事です。予防することで、歯の疾患に対してのリスクは下がります。

予防はいつから始めたらよいのか?

予防はむし歯がない人が行うものですか?治療後だと遅いですか?とご質問をいただきます。
しかし、予防を始めるのに遅いということはありません。治療が残っている場合は、治療することが進行を防ぐ【予防】にもなります。

予防のメニューを教えてください。

  1. ブラッシング指導
  2. クリーニング
  3. PMTC
  4. デンタルクリン

ブラッシング指導

予防で最も大切なのがセルフケアです。正しいブラッシング方法を覚えることは非常に重要です。歯科衛生士が丁寧にブラッシング方法を教えていきますので、しっかりと習得していきましょう。

クリーニングはどのようなことを行うのですか?

歯茎の検査を行い、問題ないか確認します。クリーニングでは歯垢や歯石を取り除き、お口の中を清潔にする治療になります。スケーリングと呼ばれる技術で、歯茎の中や歯の周りの汚れをしっかりとっていきます。最後に虫歯予防のためのフッ素を塗ります。

PMTCはどの様な治療ですか?

PMTCは歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニングです。PMTC専用の器具を用いて、歯石や歯垢を取り除いたあと、歯面を丁寧に磨き上げていきます。ステインなどの着色をパウダーを吹きかけて取り除くこともできます。歯がツルツルになり、とても気持ち良い口腔内になります。

PMTCと保険のクリーニングの違い

保険の診療では、プラークの除去と歯石の除去しか行なえません。PMTCの場合、汚れを取るだけでなく、ステインやヤニなど取ることで白くしたりすることまでできます。また、来院の間隔に関しましてもご自由に選べます。

お子さまの予防歯科

大切なお子さまが将来むし歯や歯周病で悩まないために、早いうちから予防を習慣づけることが大切です。お子さまの習慣づけには親御さんの協力が必須です。お子さまと一緒に口腔内をキレイにしていくことで、お子さまもしっかりと予防を意識してくれるようになります。
親御さんがお子さまにできるプレゼントは、お子さまがお口のことで悩まずにいつまでも楽しく生活できることかもしれません。